Kinexus Bioinformatics Corporation

 
タンパク質リン酸化は、生体反応の制御機構や病態の発症に重要で、癌・心臓病・糖尿病・炎症等、様々な疾患に多様に関与しています。Kinexus社では、抗体アレイやウェスタンブロッティングにより、細胞、組織中のターゲット分子に対して、タンパク質の発現量やリン酸化状態の変化を定性的あるいは定量的に評価します。化合物処理の有無、異なる条件(化合物濃度、インキュベーション時間)での化合物刺激、疾患サンプルおよび正常サンプル間での比較等により、分子マーカーの探索にも有用です。

AACR 2014ポスター
Regulatory Roles of Conserved Phosphorylation Sites in the Activation T-Loop of the MAP Kinase ERK1 (pdf)

参考文献
Kinexus社 文献情報 2000-2014 (pdf)

《サービス概要》
◆ Kinex™ Antibody Microarray Service  NEW
  Kinexus社は、これまでに6000種類以上の抗体を独自の基準に従い試験し、その厳しい基準をクリアした抗体のみを使用しています。Kinex™ Antibody Microarrayには、518種類のpan-specific抗体と359種類のphospho-site-specific抗体からなる約880種類の抗体がアレイされています。
Protein kinase antibodies (pan-specific) : 307
Protein kinase antibodies (phospho-specific) : 200
Protein phosphatase antibodies (pan-specific) : 65
Protein phosphatase antibodies (phospho-specific) : 4
Kinexus社の抗体アレイサービスは、処理済みサンプルとコントロールサンプル(1ペア)に対して、1種類の同じProprietary Dyeを同一アレイ上で同時に使用することで、異なるDyeとタンパク質間のラべリング効率やアフィニティーの違いによって生じるfales positive/fales negativeを抑制しています。
1ペア間の結果を比較することにより、ターゲット分子の発現量やリン酸化の有無等を評価します。抗体アレイサービスは、Discoveryを目的として広く多くのターゲットに対して定性的な情報を知る際に有用なサービスです。Follow-up studyとして、Kinetworks™ Multi-Immunoblotting Analysisにより、定量的なアッセイを行うことも可能です。
Kinex™ Antibody Microarray 概要 (pdf)  NEW
Kinex™ Antibody Microarray サンプル調製 (pdf)  NEW
Kinex™ Antibody Microarray抗体リスト (pdf)  NEW
Kinex™ Antibody Microarray Case Study (pdf)
  (Case Study 1: Alzheimer Disease Biomarker Discovery)
  (Case Study 2: ALS Disease Biomarker Discovery)
◆ Kinetworks™ Multi-Immunoblotting Analysis
  Kinexus社のMulti-Immunoblotting Analysis Serviceは、独自に厳しい基準をクリアした抗体のみを使用することで、1レーンで最大3種類の抗体を同時に使用したウェスタンブロッティングを可能とし、定量的な結果を提供します。
Kinetworks™ Multi-Immunoblotting Analysis 概要 (pdf)
Kinetworks™ Multi-Immunoblotting Analysis サンプル調製 (pdf)
Kinetworks-Multi-Immunoblotting Case Study (pdf)
  (Case Study: Biological Consistency of EGF Responses)
1. Standard Screen
  下記各種パネルに対して試験を行うことが可能です。
 -KINETWORKS™ PHOSPHO-SITE BROAD COVERAGE PATHWAY SCREEN (KPSS 1.3) 
 -KINETWORKS™ PHOSPHO-SITE CELL CYCLE STATUS SCREEN (KPSS 10.1) 
 -KINETWORKS™ PHOSPHO-SITE PROTEIN KINASE SCREEN (KPSS 11.0) 
 -KINETWORKS™ PHOSPHO-SITE SUBSTRATES OF KINASE SCREEN (KPSS 12.1) 
 -KINETWORKS™ PROTEIN KINASE SCREEN (KPKS 1.2)  
 -KINETWORKS™ PROTEIN PHOSPHATASE SCREEN (KPPS 1.2) 
Kinetworks™ Multi-Immunoblotting Analysis抗体リスト (Standard) (pdf)
2.Custom Screen (KCPS 1.0 and KCSS 1.0)
  抗体リストから目的のターゲットを選択し、1サンプルに対して最大18種類の抗体を選択、あるいは最大3種類の抗体に対して最大8種類のサンプルに試験を行うことも可能です。抗体アレイサービスのFollow-up studyに有用です。(検出するターゲットの分子量により最大で使用可能な抗体数は変わります。)
Kinetworks™ Multi-Immunoblotting Analysis抗体リスト (Custom) (pdf)
【試験期間】(標準*)
  Kinex™ Antibody Microarray Service: Kinexus社にサンプル到着後、約4週間
Kinetworks™ Multi-Immunoblotting Analysis: Kinexus社にサンプル到着後、約4週間
*Rush serviceの対応も可能です。
【必要サンプル量】(参考)
  Kinex™ Antibody Microarray Service:100 μg lysate protein/sample (2mg/ml concentration)
Kinetworks™ Multi-Immunoblotting Analysis:
- Standard: 500-750 μg protein (cell crude, lysate)/sample/screen (1mg/ml concentration)
- Custom (8 samples/3 antibodies): 50 μg/sample
【結果例】
  Kinex™ Antibody Microarray Example Report (xlsx)
Kinetworks™ Multi-Immunoblotting: KPSS1.3 Example Full Report (zip)

※掲載されている製品及び受託サービスは全て研究用です。目的を問わず人体への投与を含む、医薬品、診断用医薬品、食品、食品用検査、化粧品等の用途には使用できません。研究用以外の目的には使用しないでください。